お知らせ

2022-09-16 11:28:00
境港市民図書館のぐりぐら人形

私が17年前に娘のために作った小さなぐりとぐらの人形は修復を済ませて、8月に境港市民図書館に寄贈しました。久しぶりに図書館に立ち寄ってみると・・・絵本棚の上に可愛い椅子まで用意してもらってとてもご機嫌な様子!「ぼくらは本の紹介をしたり子どもたちとお話したり、毎日とても忙しいんだ!」とドヤ顔をしていて思わず笑ってしまいました。心から「寄贈して良かった♪」と思います。

 

tosyokan_guritogura_2.jpg

 

子どもたちの想像力を育てる使命を受け、タミズスペースから移籍したぐりとぐらにぜひ一度会いに来てください!

 

境港市民図書館
https://lib.city.sakaiminato.tottori.jp/

みなとテラス/境港市民交流センター
https://minato-terrace.jp/

2022-09-14 08:16:00
キジハタ釣りはサイズに注意!

今回の「境港の旬」イラストはキジハタです。関西では「アコウ」山陰では「アカミズ」と呼ばれていて釣り人に大人気の高級魚です。特によく釣れる時期は7月~9月、境港では境水道や夢みなとタワー周辺、美保湾で良く釣れるそうです。ただしこのキジハタはとても成長が遅いので40cmに成長するのに約10年かかります。全国的に水揚げ量が少なく種苗の量産や放流に取り組んでいるところが多いそうです。鳥取県でも来年度中に資源確保の為、沖合での船釣りは全長27cm未満の持ち帰りを禁止にするそうです。キジハタは全長30cm以上になるとメスが卵を産めるようになります。鳥取での釣りをいつまでも楽しめるように、規制の有無に関わらず魚の特性を理解した上で、マナーを守っていただきますようにお願いします。

タミズスペースでは様々なタッチのオリジナルイラストの制作も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

オリジナルイラストお問い合わせ
https://tamisspace.com/contact

「境港の旬」で描いたイラストは下記の素材サイトでも販売しています。

ピクスタHP/Tスペース
https://creator.pixta.jp/@T-space/illustrations

2022-09-12 19:33:00
デジハリ米子イベントのご報告

9月10日に米子市のデジタルハリウッドSTUDIO米子で行われたイベントで講師を務めさせていただきました。テーマは「好きなイラストを活かして活躍するデザイナーに聞く!プロへの道のり」、仕事にまつわる体験談やフリーランスの働き方についてお話させていただきました。おかげさまで、定員も埋まり受講されたみなさんはとても熱心で、イベント後にも色々なご質問していただき交流することが出来ました。ホームページやSNSから参考になったと感想を寄せていただき、少しはお役に立てたようで安心しました。私自身にとっても学びが多く、とても充実した楽しい時間が過ごせました。今回このような機会を与えてくださった社長の平尾様はじめ、本番に向けて色々とサポートしてくださったスタッフの方々、そして受講して頂いたみなさまに感謝申し上げます。ありがとうございました。

デジタルハリウッドSTUDIO米子
https://school.dhw.co.jp/school/yonago/

2022-09-09 11:18:00
タミズスペースの朝顔

朝夕は秋の気配が感じられるようになってきました。タミズスペースのテラスの朝顔が次々と花を咲かせています。蕾もまだまだあります。

asagao_2.jpg


5月にお義母さんに頼まれて近所のホームセンターで種を買ってきた覚えはあるけれど・・・あれ?朝顔の開花時期って夏なのでは?不思議に思って調べてみると、葉の裏に毛がある西洋朝顔の場合、開花時期は8月~11月、見頃は10月頃とありました。どうやらわが家の朝顔は遅咲きの西洋朝顔だったようです!まだ1~2か月は毎朝この可愛い花を楽しめるなんて♪とっても得した気分になりました!

asagao_3.jpg


今年の春はチューリップの球根は掘り上げたし、朝顔の種もちゃんと収獲してサステナブルなガーデニングライフを目指します!

2022-09-06 09:18:00
箱根アート旅/彫刻の森美術館 その3

ヘンリー・ムーア「ふたつに分けられた横たわる像、ポインツ」1959年

自分の作品を野外に展示することを好んだ彫刻家ヘンリー・ムーアの作品群は緑陰エリアに展示されています。ムーアは人体の基本的なポーズを「立つ」「座る」「横たわる」の3つに分類しています。その中で「横たわる」ポーズが最も自由がきき、構成しやすく、空間性を持っていると語っています。雨上がりの芝生の中で横たわるブロンズ像は、水滴が彫刻の陰影を際立たせて美しく輝いていました。彫刻の森に横たわるために創り出されたこの作品は来館者に自然が創り出すアートの素晴らしさを問いかけているようでした。

箱根 彫刻の森美術館 公式ホームページ
https://www.hakone-oam.or.jp/

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...